ヘアドネーション

先月、娘たちが生まれて初めて、バッサリ!!髪を切りました。

サラサラのロングヘアーがトレードマークだった娘たち。毎年プールに備えて夏前にほんの少しだけ切る、というサイクルで常に長い状態をキープしていました。

特に下の子はくせのない髪で、みんなから「髪、長いね。すごいきれいな髪だね」と言われるのが自慢だったようで、短くするのを嫌がり、毛先だけカットの年もありました。

でも、去年、美容師さんからヘアドネーションの話を聞いて、子どもなりに自分の髪の毛が誰かの役に立つなら・・・と感じたのか、まず姉が寄付できる長さまで、バッサリと切ってきました。

そしたら、次女も姉に影響されたのか、今まで頑なに拒んでいたのに、「私も31センチ切る!!」と言って、これまた短くなって帰ってきました。これ、お団子できるん?と母は焦りましたが(バレエを習っているので)、本人は40センチ近くあろうかと思われる自分の髪を手に持って、「これ、寄付してね。」と嬉しそう。

 

 

 

去年の初夏。切ってすぐでもこの長さ。ここからさらに伸びて、おしり辺りまで髪がありました。

写真はありませんが、今は、ちびまる子ちゃんくらいになってます。

 

 

 

 

 

 

娘たちの髪は美容師さんに束ねてもらって、指定のシートに必要事項を記入して、寄付の受付をしている団体様へ送付させていただきました。

まだ小学生の娘たち。そんな娘たちにもできるヘアドネーション。

後日送られてきたハガキには、髪のことで悩みを抱えている誰かの『普通の生活』を取り戻すため大切に役立てられます、と書かれていました。娘たちの髪が誰かの役に立つこと、とても嬉しく思いました。

少しでも心が明るくなりますように・・・。

関連記事

  1. にょきっと画像

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

きのこの種類から探す

ブログ最新記事 おすすめ記事
  1. 培養の様子
  2. にょきっと画像
  3. 2017.07.7

    七夕の願い
  1. 菌床なめこ
PAGE TOP